So-net無料ブログ作成
検索選択

修理 [古きよきもの]

引き続き引き取らせて頂いた我が家の古物です…


2010_0115_100731-DSC03192.JPG


レコードが好きです…
聴くのは勿論なのですが、針を落とす時、少し「ブツ」という音が好きなのです

1985年製の、ターンテーブル、スピーカー、チューナー、ラジオデッキ、カセットデッキの5点セットです
松下電器のTechnicsですね 今はpanasonicですが…

これは、実家の納戸に眠っておりました
父は当時から最先端の物が大好きで、当時まだ珍しかったエアコンを部屋に取りつけたり
こういったデッキなどを買ったりしていたそうです
子供のころ、レコードを聴きながら料理をしていた母の記憶があります

子供が大きくなるにつれて部屋が手狭になってきたのでしょう
いつのまにかこの大きな5点セットはひっそりと姿を消しました…

納戸に眠っていると知ったのはここ5年程前で
実家に帰省した際、父と一緒に納戸の大掃除をしていた時に発掘されたのです

当時妹と2人で住んでいた東京の家はとても狭かったので
どでかいスピーカー2つや、デッキ類も置く余裕は無く…
ターンテーブルだけ持って帰り、その時使っていた小さなコンポと繋いで聴いていました
いつかみんな揃えて置けたら…と密かに思っていました

そうして今回の引越し先の間取り、広さ共に問題なく置けそうでしたので
ついに日の目を見ることになりました…


TE….jpg


しかしいざ出して聴こうとしてみると…
鳴らないんですよ(涙)
実家に居る妹と配線を繋ぎ直してみたりipodを繋いでみたり…
そのうち父も参戦してもう一度配線から…
いろいろ試してみましたが、ブツブツとノイズが入るだけ
スピーカーはイケそうでしたので、どうやら犯人はチューナーにある様

父は「諦めて買いなさい」と言いましたが私はこのまま東京に持ち帰ることにしました
旦那さんに相談しよう

そうして200キロの道のりを高速で走り、我が家へ上陸となった訳です
旦那さんも「話には聞いていたけどこんな大きいのか…」と唖然
昔の物って大きいんですよね~

旦那さん見解もやはりチューナーがダメとの事でした
一度修理に出してみようという意見が一致し、早速panasonicのお客様センターへ電話
奇跡的にも車で20分程の所に修理センターがあるとのことでチューナーをまた運ぶ…

持っていった時には
「これですか~…ちょっと難しいと思います~一応引き取って見てみますが…」
と言われてしまいました…

結果、一週間後…

「部品が無く修理不可」
だそうで


やはり無理ですか…

でもとても味のあるデッキ達なんですよね
捨てるのは惜しいので、暫くインテリアとして使う事にしました
チューナーさえ変えれば聴けるので、余裕が出来たら新しいチューナーを買おうかと思います
イヤ、こればっかりは買わないと…作れませんしね


それにしても古い物は何をするにも一つ一つドラマが生まれますね

2010_0115_100654-DSC03190.JPG



nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 5

コメント 2

バンブー

いつか音が出るといいですね。
by バンブー (2010-01-20 11:56) 

hara_taka

電気物は厄介ですよね…。Technics、一応まだブランド名は残っているみたいです。DJ用のターンテーブルは世界中のDJ達が支持する信頼のブランドですから、名前を残しているんでしょう。

また鳴ってくれると良いですね。うちの店でも古い真空管のステレオにiPodつないで鳴らしているのですが、奇跡的に何もメンテしなくても鳴ってくれました。多分珍しいケースなんでしょう。

色々大変な時代で苦労も多いですが、楽しんで生活して行きましょうね、お互い。
by hara_taka (2010-01-20 14:47) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。